アラジン

アラジン石油ストーブ

 

高い信頼性と熱効率から、イギリス国内
みならず世界中に輸出・販売され、

 

その後70年以上に渡って基本的な
構成を変えずに生産されている

 

日本においては1970年代前後に
耐震安全性の強化のための
モデルチェンジが行なわれている

 

世界中で最も有名で、愛されてきた
最も美しい石油ストーブです

 

商品を今すぐチェックする
アラジン石油ストーブ

なぜアラジンの石油ストーブは売れ続けているのですか?

石油ストーブの原点であり
完成モデルだからです


基本性能が優れ、
余計なものが一切ありません

 

デザインと青い炎(ブルーフレーム)に
見せられた「アラジンがどうしても欲しい人」
に支えられているのです

 

商品をチェックする

アラジン石油ストーブ

アラジンの石油ストーブは手入が必要ですか?

一般の石油ファンヒーターや石油ストーブ
のメンテナンスは、実質ほとんど
手間がかからないのに比べ、

 

この商品は消し忘れ機能も、燃料切れ
のお知らせサインもなく、燃料を切らしてしまうと、
綿で出来た芯が傷んでしまいます。

 

点火も、スイッチではなく
ライターなどで点火します

 

定期的に内部を掃除したり、
長年使えば芯も交換が必要になります

 

とっても手間がかかって、
不便なところがいくつもあります

 

でもこの落ち着いた風合いと、
静粛性、点火や消火時の無臭など、
この商品の魅力はとても深いです

 

商品をチェックする
アラジン石油ストーブ

アラジンの石油ストーブの魅力その1

石油ファンヒーターに比べて、音が静か、
即暖性は無いですがジワジワと暖かくて
炎がきれい、懐かしい、ノスタルジックな
気分に浸れます

 

石油ストーブとしては割高感がありますが、
一生ものと考えればお安いと思います

 

商品をチェックする
アラジン石油ストーブ

アラジンの石油ストーブの魅力その2

やかんをかけると加湿器も必要なくなり、
電気ケトルで湯沸しの必要も無くなるので
電気代は節約になるかなと思います

 

商品をチェックする
アラジン石油ストーブ

アラジンの石油ストーブ購入の注意点

【空焼きに注意】
灯油を最後まで使おうとすると、
綿芯の為芯が燃えて臭いの原因や
綺麗な炎になりません

 

【給油がちょっと面倒】
デザイン上仕方ないのですが、
タンク一体型で容量が4L、
日中連続使用で2日に1回
のペースで給油が必要になります

 

本体を移動しての給油は大変なので、
オイルジョッキなどで給油すると
いいかもしれません。

 

【着火がちょっと面倒】
当然、自動点火装置などありません
チムニー(ストーブ本体の円筒部品)
を倒して、直接ライターなどで
芯に着火します

 

着火にコツが必要で、馴れないうちは
煤が発生して部屋を汚してしまいます

 

また温度調整も出来ないの
で着火/消火での調整になります

 

【定期的なメンテナンスが少々必要】
メンテナンスを怠ると、芯周りにタールが
付着して青い炎にならなかたり臭いの
原因になります

 

シーズン後のストーブをしまう時に
するようですが1ヶ月に一度程度
行った方が無難です。
(この作業が楽しかったりするんですが)
芯の交換も3,4年毎に必要です

 

面倒で、手間がかかるけど、
素敵なストーブなのです

 

商品をチェックする
アラジン石油ストーブ